自然とふれあう
人とふれあう
自分とふれあう
学校利用抽選専用

お知らせ

  • 【ウィルダネスファーストエイド野外災害救急法資格講習会の申し込みを開始しました】

    ウィルダネスファーストエイドとはアウトドアでの事故や大規模自然災害の現場など、救急搬送、医療機関への引き渡しまでに時間がかかる状況下(ウィルダネス状況下)で「いのち」をつなぐための的確な判断と処置を学ぶ総合的な救急法です。

    WMAJ(ウィルダネスメディカルアソシエイツジャパン)公認の野外災害救急法資格講習会の受付を開始しました。

    開催は2コース。
    もっとも基礎的なWFAベーシックレベルは1泊2日3月14日(土)~15日(日)
    プロフェッショナルを対象としたWAFAアドバンスレベルは3泊4日(3月9日(月)~12日(木)

    詳細・申し込みは 体験・事業 のページをご覧ください(先着順)。
    多くの皆様のご参加をお待ちしています。

  • 【2020年度予約受付のお知らせ】

    8月1日(木)より、2020年度の予約受付が開始されます。(学校団体のみ)

    13:00~お電話でのみ、予約が可能です。予約開始直後は、お電話がつながりにくいことが予想されますので、あらかじめご了承ください。

    なお、一般団体の予約受付は、10月1日(火)13:00~となります。

    ※2020年度は、2020年11月~2021年3月まで休館の予定です。この期間の予約はできませんのでご了承ください。

    ※2019年7月29日(月)付で、予約状況カレンダーの一部を更新しております。利用日選定にお役立てください。

  • 【札幌市青少年山の家における食中毒等の発生及び今後の営業再開の見通しについて】

    平成31年4月28日(日)から令和元年5月3日(金)までに「札幌市青少年山の家」に宿泊した利用者の一部と、同施設の職員の一部に、嘔吐・下痢・発熱などの症状が出ておりましたが、有症者の一部からノロウイルスが検出され、4月28日から30日まで施設を利用して発症した2団体・29人については施設内での感染症の疑いが強く、4月30日から5月3日まで施設を利用して発症した2団体・98人については食中毒と断定されました。

    当施設は5月4日(土)から休館中ですが、食中毒の発生により、本日5月10日(金)から5月13日(月)まで食堂部門が営業停止処分となりました。今後、営業再開に向けて、引き続き、館内の清掃・消毒作業等の施設の安全確保に向けた作業を行ってまいります。
    体調を崩された方とそのご家族に対しましては心よりお詫び申し上げますとともに、施設の利用休止によりご迷惑をおかけいたしますことを重ねてお詫び申し上げます。
    また、施設全体の開館につきましては、引き続き施設内全域の消毒をはじめとする開館に向けた準備を継続し、作業完了を確認した後、5月23日(木)を目途に、営業を再開する見通しで進めております。

    館内消毒等記録写真

     

新着ブログ

札幌青少年の家ブログはコチラから
申請書ダウンロード

札幌市青少年山の家について

札幌市青少年山の家は、青少年が自然に親しみ、自然の中で集団宿泊生活、野外活動、その他の活動を通じて創造性と豊かな心をはぐくみ、心身ともに健全でたくましく生きる青少年の育成を図ることを目的として、平成元年9月に札幌市が設置した野外教育施設です。
当施設は、活動エリアとなる国営滝野すずらん丘陵公園の充実と相まって、野外活動の拠点としての役割を担っています。

このページのトップへ