札幌市青少年山の家の体験・事業

≪1泊2日ベーシックレベル≫ウィルダネス ファーストエイド野外災害救急法資格講習会 

概要

事業名≪1泊2日ベーシックレベル≫ウィルダネス ファーストエイド野外災害救急法資格講習会 
実施日平成30年05月12日(土)~平成30年05月13日(日)
1日目開始時刻 9:00(受け付けは30分前から)
2日目終了予定時刻 17:00
会場札幌市青少年山の家
内容

DSC_0338 DSC_0339

ウィルダネスファーストエイドとはアウトドアでの事故や自然災害の現場など、救急搬送、医療機関までのアクセスに時間がかかる状況下(ウィルダネス状況下)で「いのち」をつなぐための的確な判断と処置を学ぶ総合的な救急法のことで、札幌では初の資格講習開会開催です。

WFA(ウィルダネスファーストエイド)ベーシックレベルは1泊2日で実施される包括的な評価システムを中心とした最もベーシックなコースです。里山など比較的緩やかな自然を想定したカリキュラム。目の前で発生する事故・災害により、生命の危機がある傷病者を目の前にして重症度を判断し、ウィルダネス状況下で必要とされる処置を学びます。このコースは日帰りや短期の冒険をされるアウトドア愛好家、災害ボランティア、野外教育指導者・施設職員の方などを主な対象としています。多くの方に受講していただきたい最も基礎的なコースです。講座最終日に実施される試験に合格するとWMAI(ウィルダネス メディカル アソシエイツ インターナショナル)認定の国際資格が授与されます(3年間有効)。

[カリキュラム] 20時間/傷病者評価システム(PAS);一時救命処置(CPR、AED、軌道異物除去、大出血への処置など)、重要器官系の理解(循環器系、神経系、呼吸器系)とその重要器官系への問題、不安定なケガ(骨折など)、安定したケガ、副木(スプリント)固定ガイドライン、低体温、高体温と熱中症、溺れ、雷、感電、傷や火傷、毒、アナフィラキシー、傷病者の移動、最終試験

対象全日程参加でき、野外での実習に参加できる16歳以上の方、20名
費用32000円(宿泊費・食費(4食)・テキスト代・保険料込み)
※開催14日前よりキャンセル料が発生します。(14~8日前:参加料の10%、7~2日前:同30%、開催日前日:同50%、開催日当日:100%)
集合場所札幌市青少年山の家
※公共交通機関ご利用の方は、地下鉄南北線真駒内駅より無料送迎バスを運行いたします。
申し込み応募フォームに必要事項を入力し申込み。
申込み締切日2018年4月28日17:00ですが、定員に達しましたので締め切ります。申し込みをされた場合はキャンセル待ち扱いとなりますのでご了承ください。
手続き終了後、申し込みがあった旨のメールが送信されます。2日以上送信がない場合は電話でお問い合わせください。
また、以降の連絡についてもEメールのみでの対応となりますので、お申込みいただいたメールアドレスで、PCからのメール(@sapporo-yamanoie.jp)を受信できるように設定をお願いいたします。

申し込み

事業名、希望コース*  
氏名*
フリガナ*
年齢/生年月日*
西暦
性別*
住所*
電話番号*
所属・学校名
学年(児童・生徒のみ)
所属・学校名
学年
山の家送迎車の利用希望
保護者氏名
メールアドレス*
メールアドレス(再入力)*
備考(コース名等)
ご意見・ご質問
 

参加者を追加する

事業一覧に戻る
このページのトップへ