札幌市青少年山の家のブログ

第1回 防災サバイバルキャンプ

7月5日(土)に「第1回防災サバイバルキャンプ」を行いました!!

今回のテーマは「サバイバルクッキング!」

天候に恵まれた中、
山の家スタッフから震災後の福島で見てきた話を聞いたり、
飯盒(はんごう)や身近なものでご飯を炊いたり、
水をきれいにする方法などをみんなで学びました。

スタッフが撮ってきた福島の写真にはみんな目がくぎづけ!
話を聞きながら何を感じたのでしょうか、
みんな真剣な顔で話を聞いていました。

    

炊飯は、飯盒やフライパン、アルミ缶に牛乳パックなどいくつかある炊飯方法から
何を使って炊くかグループで決め、しおりを見ながら自分たちの力で炊き上げました!
    

今回、子どもたちが選んだのは飯盒、アルミ缶、そしてなんとジップロック。
この時のみんなの頭はフル回転!!
「ハテナ」「ビックリ」「ヒラメキ」がたくさんあった時間でした。
    

そしてお昼は非常食体験。
みんなで炊いたご飯はもちろん、非常食としてよくある缶詰を実際に食べてみました!
その名もレスキューフーズ!鶏肉のうま煮やポテトツナサラダなどがあったけど・・・おいしかったかな!?

おなかを一休みさせて・・・

最後に水をキレイにする方法を学びました。

今回行ったのは「蒸留(じょうりゅう)」という方法。
赤く色づけした水がどうなるのか、実験してみました。
結果は・・・「ヒ・ミ・ツ」です。(笑
簡単にできるので、気になる方は是非やってみてください。
  

防災サバイバルキャンプは今年度第3回まであります。
次回のテーマは「サバイバル小屋作り」
衣・食・住の「住」についてみんなで考えます。
9月15日(月・祝)です。締切は8月30日(土)です。

みなさまのお申し込み、お待ちしています!

このページのトップへ