札幌市青少年山の家のブログ (10)

第3回自然観察ハイキング

こんにちは。
10月5日(日)に第3回自然観察ハイキングが行われました。

今回は先日の大雨被害により他コースでの実施が困難となったことから登山コースのみの実施となりましたが、山の家ボランティアスタッフのガイドのもと、26名の参加者の方々とともに「野牛山」を登りました。

第1回、第2回は山の家周辺ハイキングコースでの実施でしたので、いつもと一味違ったハイキング♪

野牛山の標高は藻岩山とほぼ同じ539.2メートルで、山の家から徒歩で出発し山頂まで、だいたい1時間半ほどかかります。

登山道入り口から山頂までは0.8㎞とさほど長い感じはしませんが、中腹から山頂にかけて、ロープを使って登るところが3か所あり、傾斜に緩急があるのが特徴の一つです。

特に頂上付近の最後の箇所はかなりの急こう配です!!

最後の難関を突破して山頂から景色を見ながらの昼食、最高でしたね!!

皆さん怪我もなく無事に登山をすることができました。
また、登山を楽しみながら秋の植物について学ぶことができたのではないかと思います(^o^)

ふと気が付けばあちらこちらに雪虫が飛び始めていて、冬が近づいていることが目で感じられた1日でもありました。
あっという間に冬ですね!!

次回、第4回自然観察ハイキングは来年の2月1日(日)に予定しております。
ぜひ、冬の滝野を感じてみてはいかがでしょうか♪

ページトップ

自然体験活動ボランティア養成講習会

こんにちは。10月に入り今年ももう残り3か月となりましたね。

9月はあっという間に過ぎ去りました。

今回は、9月3日(水)に実施した第3回自然体験活動ボランティア養成講習会,
9月27日(土)~28日(日)に実施した第4回自然体験ボランティア養成講習会の様子をご紹介します。

まず、9月3日(水)に行われた第3回自然体験活動ボランティア養成講習会についてです。
これまでは青少年山の家での実施でしたが、第3回目はエルプラザで行われました。

プログラムは組織キャンプの仕組みについての講義と、クラフト活動の2本です。

まずは、さまざまなキャンプの仕組みについて1時間、山の家スタッフが自身の経験を振り返りながら講義をしました。
参加者がキャンプとはどのようなキャンプがあるのか理解を深め、実際のキャンプ活動をイメージする時間となりました。


今後のキャンプに役立つ知識・考え方に触れられるといった面でも非常に有効な時間となったのではないでしょうか。

次に、木の枝や葉っぱを用いたクラフト活動を行いました。

皆さん、ホットボンドを扱うのが初めてだったようで、速乾性に感動されていましたね♪

動物や人間など皆さん思い思いの作品を作成し最後に作品発表会をしました。


個性あふれる作品が多く大いに盛り上がりました\(^o^)/


また、職員も一緒に作ってクラフト活動の楽しさを感じながら過ごすことができました♪

2時間という短い時間の中で、たくさんの会話を交えながら野外活動に対する関心を高められた時間になったと思います。

続いて、9月27日(土)~9月28日(日)に行われた第4回自然体験活動ボランティ養成講習会の様子を紹介します。

一日目は、救急救命法の講習とカヌーの組み立て方の練習を行い、二日目に実際に洞爺湖でカヌー体験をするというプログラムです。

一日目の救急救命法講習では、メディックファーストエイドというアメリカではじまった民間向けの救急救命法を学び、受講した皆さんが資格を習得しました。

VTRで心肺蘇生法を学び、二つのグループに分かれてマネキンを使って実践していくなかで、実際の事故に遭遇した際に、自信を持って実行することのできる知識・技術を身に付けられましたね!

グループでお互いの良さや改善点について声を掛け合うなど、皆さんの熱心に参加される姿が印象的でした。

2日目は早朝に山の家を出発し、洞爺湖でカヌー体験をしました。

まずはカヌーを組み立てるところからのスタートですが、1日目の夜に練習した成果が発揮され、スムーズに組み立てることができました。


実際に入水です!!

波は高かったですが、山の家スタッフの指導のもと、めきめき上達しパドリングを楽しみながら体験しました\(^o^)/

途中からはカヌーから湖にダイブし、泳ぐ方もいましたね!(笑)

2日間を通して、参加者同士が協力し合いながらさまざまなスキルを習得し、実践することのできた素敵なキャンプになりました☆
ありがとうございました♪♪

ページトップ

第2回 防災サバイバルキャンプ

みなさん、お久しぶりです。
山の家のフェスタです。

9月15日(月・祝)に防災サバイバルキャンプの2回目を行いました!!

今回のテーマは「サバイバル小屋作り」

9月11日の札幌の大雨の話を聞いたり、
小屋作りに必要なロープワークを学んだり、
非常食体験やレトルトカレーの食べくらべ、
そして、サバイバル小屋作りをしました。

9月11日の札幌の大雨!!
その雨によって氾濫した豊平川や滝野の川の写真を見ました。
みんな、真剣な表情。
それに、みんな自身が実際に受けた災害、何を感じたのだろう?

そのあとは、少しレクをしてロープワークをしました。
大人でも難しいロープワークですがみんな一生懸命ロープと格闘!!
最初は、みんな戸惑っていたけど後半はコツをつかむ子どもたち。
さすがです!!


お昼は、白飯の非常食にレトルトカレー3種類を食べくらべ♪
みんなどうだったかな?

午後は、メインプログラム「小屋作り」
スタッフが実演をした後、各グループで小屋作り☆
小屋の高さや壁、床の部分は自分たちで考え、
ロープワークやみんなの知恵を使ってヒラメキを出し合いながら小屋をつくました♪
1回目と同じく、いたるところで「ヒラメキ」が輝いていた時間でした。





防災サバイバルキャンプは、今年度残り1回となりました!
次は、1泊2日で「サバイバル生活体験」をする予定です。
定員は、45名となります。
日程は、3月14日(土)~15日(日)です。
締切は、2月27日(金)まで!!
是非、みなさんも仲間と一緒に“楽しみながら防災キャンプ”に参加してみませんか?

みなさんのお申し込み、お待ちしています♪

ページトップ

陶芸、挑戦しませんか?!

こんにちは。8月に入り、真夏の暑さを体感させられる毎日です。皆様どのようにお過ごしでしょうか。

さて、山の家では先月に引き続き、8月31日と9月7日の両日、第2回陶芸教室(2週で1回分)を開催いたします。

前回は葉っぱを使って自分の好きな作品を作ることがテーマでした。

写真はどちらも陶芸初挑戦の方が作ったものです。

陶芸の良さは、自分で納得いく形になるまで何度も修正できるところにあります!

自分の思い通りの作品を作って日常生活で使う・・・・ステキだと思いませんか?

次回は樹皮を使って自分の好きな作品を作ることがテーマですが、もちろん、葉っぱを使って作ることも可能です!

まだまだ申込みを受け付けています。
親子での参加や、もちろん大人1名での参加も大歓迎ですので、興味のある方はぜひ山の家までお問い合わせください♪

ページトップ

出会い

暑い日がつづきますね。
札幌は夏が短いので、思いっきり満喫したいところです!

今年の夏も、たくさんの方が山の家を利用してくださいます。
みなさんいつもありがとうございます。

さて、先日思わぬ方と入口でお会いしました。

『出られない~~~なんで~~~』

これはこれは美しいちょうちょさん。
近づくと…

いやはや何ともビューティフル。エレガント。そして大きい。
ちょうど近くを通ったおともだちと、じっとながめてしまいました。

しかし、このちょうちょさんはバタバタと外に出たがっている。
「ずっと見ていたいけど…外に出してあげていいかな?」のスタッフの問いに、
おともだちは「いいよ!」とこころよく協力してくれました。
うれしいなぁ。ありがとう。

そんなあたたかい気持ちが通じたのか、
ちょうちょさんは名残惜しそうにとまっていたのでした♪

先日はノコギリカミキリに出会いました。ギザギザかっこいい!

雨の日にはかたつむりにも。
『ぼく、おでかけ中。雨さいこーう!!』

今日はどんなひとやいきものに出会えるかなぁ。

ページトップ

【閲覧注意】ヘビの抜け殻発見!

シロです。
先日、大量のコレを発見しました。
山の家周辺で脱皮を繰り返しているようです。

個人的には、まだ本体には遭遇できてないので、はやく会いたいなあと思っているのです!
今回の最大は165cm!!抜け殻でこの大きさということは…

イヤな方もいるかもしれませんが、彼らも森の住民なのでやさしい気持ちで見てほしいなと思います。

この抜け殻の主はアオダイショウという種類で、毒はありませんのでご安心ください。でも、いじめて怒らせると咬まれるかもしれませんのでご注意を!

最後にSNSに投稿する写真を撮る館長の写真です笑

ページトップ

第1回 防災サバイバルキャンプ

7月5日(土)に「第1回防災サバイバルキャンプ」を行いました!!

今回のテーマは「サバイバルクッキング!」

天候に恵まれた中、
山の家スタッフから震災後の福島で見てきた話を聞いたり、
飯盒(はんごう)や身近なものでご飯を炊いたり、
水をきれいにする方法などをみんなで学びました。

スタッフが撮ってきた福島の写真にはみんな目がくぎづけ!
話を聞きながら何を感じたのでしょうか、
みんな真剣な顔で話を聞いていました。

    

炊飯は、飯盒やフライパン、アルミ缶に牛乳パックなどいくつかある炊飯方法から
何を使って炊くかグループで決め、しおりを見ながら自分たちの力で炊き上げました!
    

今回、子どもたちが選んだのは飯盒、アルミ缶、そしてなんとジップロック。
この時のみんなの頭はフル回転!!
「ハテナ」「ビックリ」「ヒラメキ」がたくさんあった時間でした。
    

そしてお昼は非常食体験。
みんなで炊いたご飯はもちろん、非常食としてよくある缶詰を実際に食べてみました!
その名もレスキューフーズ!鶏肉のうま煮やポテトツナサラダなどがあったけど・・・おいしかったかな!?

おなかを一休みさせて・・・

最後に水をキレイにする方法を学びました。

今回行ったのは「蒸留(じょうりゅう)」という方法。
赤く色づけした水がどうなるのか、実験してみました。
結果は・・・「ヒ・ミ・ツ」です。(笑
簡単にできるので、気になる方は是非やってみてください。
  

防災サバイバルキャンプは今年度第3回まであります。
次回のテーマは「サバイバル小屋作り」
衣・食・住の「住」についてみんなで考えます。
9月15日(月・祝)です。締切は8月30日(土)です。

みなさまのお申し込み、お待ちしています!

ページトップ

第1回陶芸教室~成形~

第1回陶芸教室が行われました!

午前中は参加者の皆さんが作品の模様にしたいと感じたお気に入りの葉っぱを採取。

ボランティアの先生方からアドバイスをいただきながらの散策。

天候にも恵まれました♪

午後からはいよいよ粘土を使って成形作業。

午前中採取した葉っぱで葉脈等の模様にしたいものを粘土に押し込んでいきます。

粘土の感触は格別です(^^)

大きいお皿や小さいお皿。花瓶、どんぶり、箸置き等、思い思いの作品が出来上がりました。

来週は釉薬を使って作品に色付け。どんな作品になるのか今から楽しみです☆

ページトップ

第2回自然観察ハイキングの様子

こんにちわ!サンバです。

6月28日(土)に第2回自然観察ハイキングが行われました。

親子コースの様子

ムラサキツメクサ、甘いですよね~!!
見る。触る。食べる。
五感を通じて自然を満喫することができたのではないでしょうか。

大人コースの様子

シロツメクサの名前の由来、シラカンバとウダイカンバの違い、この季節だからこそ見られる植物についての豆知識・・・・

山の家ボランティアの方々の知識はまさに圧巻です!!

さまざまな場面で自然の良さ、滝野の良さを感じることができました。

途中での急な雨による中断というアクシデントもありましたが、良くも悪くも天候に左右されるのが野外活動です!(笑)

次回は10月を予定しています。お楽しみに!!!

ページトップ

防災キャンプ~募集中~

本日2回目の登場!!山の家のフェスタです♪

7月5日(土)に防災キャンプ【日帰り】があります。

防災キャンプは、今年初めて実施する事業で3年生~6年生が対象です!!

最近は、防災に対する意識や関心が高まっている一方、実際に防災の体験をしたことがある人が少ない・・・ことから、実際に水のろ過や非常食体験など楽しみながら役に立つ体験活動を実施します。

是非、興味のある方はまだ募集中ですので6月30日(月)までに電話もしくはハガキ、ホームページから申込ください☆

じつは、この防災キャンプ北海道新聞にも記事として掲載されました!!北海道新聞さんありがとうござます。
道新(6.13)

今、山の家スタッフもこんな実験をしています♪

ご飯の炊きあがりは、7月5日のお楽しみに♪

みなさんのご参加お待ちしております。

ページトップ

10 / 12« 先頭...89101112
このページのトップへ